Home > 2009年01月

2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

毎月十日に新年を迎えるサイト

  • 2009-01-05 (Mon)
その計算でいくと今日はまだ2008年なわけで
でもテレビを見ると勿論2009年。
人と会話しても、相手は自分の知らない数日を過ごしている事になります。
こんな物語を考えた場合、やっぱりオチには「数日分認識がずれている」メリットを
利用したいところですがそれも思いつきません。
ではデメリットは?
ハッピーエンドではなくバッドエンドを目指して物語を考える。
ですがバッドエンドの場合、崩壊のカタルシスが必要。
主人公には一度絶頂(魅力的な状況)を体験させ、そこから落とさなければならない。
しかし、主人公の特徴はただ「新年を迎えていない」(他人との時間の感覚にズレがある)だけ。
では世界の方をいじってみてはどうか。
清涼院流水の様に、そもそもの世界観(舞台設定)を読者に隠したまま話を進めてもいい。
そこに主人公の特異性を

こんな事を考えながら自転車に乗ってたら雪が降ってきたよと言う話。


west2

たまには色んな描き方を試してみるよと言う話。一つの絵で試すなよ。
キャラクターはデモンベインに登場するDr.ウエストとエルザ。
エレキギターをかき鳴らすイカしたマッドサイエンティストです。

Home > 2009年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。